メタボ気味のあなた、中性脂肪の値が高くはありませんか?

皮下脂肪(内臓脂肪)がたまっておなかがぷっくりの中高年の皆様にとって気になるのが中性脂肪です。 高脂血症、脂質異常症、などの危険をはらでいるので注意が必要です。


そもそも中性脂肪って何?

この中性脂肪ですが、コレステロール同様に血液中に存在する脂質です。 主に食べすぎなどによって過剰に摂取された糖質が肝臓で中性脂肪に変えられてできるものです。

中性脂肪値が高い・低いと心配になりますね。健康診断でメタボ気味な方が注目する項目のひとつです。 中性脂肪の値が高いと肥満、脂肪肝、動脈硬化などにつながり、 悪くすれば肝硬変や心筋梗塞・脳梗塞などの脳血管障害が起こる可能性が高まります。

中性脂肪が増えると脂質異常症(=高脂血症)につながる。

日本動脈硬学会編「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」によると、脂質異常症の診断基準値は(空腹時)

 ・LDLコレステロール値  140mg/dl以上
 ・HDLコレステロール値  40mg/dl未満
 ・中性脂肪値(トリグリセライド)  150mg/dl以上

と記されています。

血糖値の上昇にも関係する中性脂肪ですが、そもそも脂質異常症にならないためにも コントロールする必要のあるものだというわけですね。

中性脂肪と血糖値。中性脂肪が血糖値を上げるふたつの作用とは

血糖値を気にする方の中には、中性脂肪の値が気になる方も多いと思います。 中性脂肪は血糖値の増減に大いに関係していると言われています。

まず、体の中の脂肪細胞は分解されて「グリセロール」となり、これが肝臓で糖に作りかえられます。 つまり、内臓脂肪が増える=肝臓に送られるグリセロールも増加→血液中の糖が増えるということなのです。

さらに内臓脂肪が過剰になると、インスリンの活動を活性化する「アディポネクチン」の分泌が減るのです。 インスリンはご存知のように、血液中の糖をエネルギーとして使おうと、全身の組織に取り込む働きをします。

中性脂肪の増加は、「糖を増やすこと」につながり、同時に 「糖がエネルギーとして使われにくくする」という糖尿病につながるふたつの重要な作用があるのです。

過剰にたまるとやっかいな中性脂肪ですが、効果的に下げることのできる成分として「EPA」と「DHA」が注目されているのです。

青魚に含まれ、血液をサラサラにしたり、ぼけ防止に効果があると注目されている「EPA(エイコサペンタエン酸)」と 「DHA(ドコサヘキサエン酸)」ですが「必須脂肪酸」と呼ばれ厚生労働省が示す日本人が摂取すべき栄養素にもあげられているのです。

しかし食生活が欧米化してますます取りにくくなっているのが「EPA」と「DHA」でもあります。 サプリメントもたくさん販売されていますが、効果が実感できないため、中々継続できないと言う方が多いのではないでしょうか。

日本初のEPA含有「特定保健用食品(特保)」として発売されているのが、 日本水産の「イマーク」

ニッスイが発売した特保商品ということの信頼性と、実際に2ヶ月で中性脂肪を平均20%も低下することができているその効果により売れに売れている商品なのです。

イマーク

青魚、と聞くと生臭いイメージが付きまといますが、ヨーグルトテイストで飲みやすく毎日続けられるのも人気の秘密。 リピート率80%で月間25万本の販売本数、17万人の方が愛飲しています。

イマーク

 ・中性脂肪が気になる方
 ・青魚を毎日食べられない方
 ・甘いものや果物をよく食べる方
 ・ダイエットでリバウンドしてしまう方
 ・脂肪燃焼までの運動ができにくい方
 ・宴席が多い方
 ・何事も続きにくい方

次の健康診断が楽しみになると評判の「イマーク」を試してみてはいかがでしょうか。



トップページ

恐ろしい糖尿病

適性な血糖値とは

まず適性な体重を維持しよう

無理のない運動を行おう

食事の量を減らそう

食事の質を変えよう

飲み物で血糖値を下げよう

ちょっと不思議なギムネマ茶

中性脂肪と血糖値

炭水化物好きな方のサプリとは

食事の最初に食物繊維を摂る

自分に合った血糖値測定機

【糖尿病】 薬なし注射なし。食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法とは?

【おことわり】
当サイト「血糖値を下げて糖尿病予防」は糖尿病予防についての一般的な知識をまとめたものです。
糖尿病は対処を誤ると非常に危険な病気ですので、血糖値が高く糖尿病が疑われる方、また糖尿病の治療を受けている方には 必ず医師にご相談の上、正しく対処されることをお願いいたします。