自分の血糖値がいくらなのかを把握しておこう。

糖尿病といわれる血糖値の値はどのくらいを言うのでしょうか。空腹時の血糖値、食後の血糖値の値、また最近重要視されているHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値についても確認しておきましょう。


日本糖尿病学会による正常型血糖値とは下記のように言われています。

【空腹時】 60〜110mg/dl。【食後】 100〜140mg/dl の値におさまっていれば正常型

※妊婦など、この数値が当てはまらない場合がありますのであくまで目安としてご覧頂き、正確な値については医師にご相談下さい。

また空腹時に126mg/dl、食後2時間の値(またはブドウ糖負荷試験)が200mg/dlを超えると糖尿病型と診断されることになります。

また過去の血糖値の状態を示すHbA1cの値が6.5%以上である場合にも糖尿病と診断されるようです。

ここで「正常型」「糖尿病型」にも入らない数値を「境界型」と呼び「糖尿病予備軍」と言われるものとなります。数値で言えば空腹時に111mg/dl〜125ml/dl、食後の数値が141ml/dl〜199ml/dl。 「血糖値が高めですね」と言われた方の多くはこのあたりの数値だったのではないでしょうか。

この糖尿病予備軍でいる間に、糖尿病型にならないよう生活習慣を変えることが大切です。 糖尿病予備軍などといわれると心配ですが、糖尿病になる前に危険を知らされたチャンスととらえ、正常な血糖値管理による健康管理を行いましょう

血糖値は1日の間でもずいぶんと変わります。また一概に数値だけで決め付けることもできません。健康診断などで血糖値が高めだといわれた方、またぎりぎり大丈夫と診断された方も継続して注意し糖尿病を予防していきましょう。

家庭でも血糖値を測ることができますので、ふだんの血糖値が気になる方は下の機器なども利用すると良いでしょう。

自分の血液を出して測る、というと面倒で怖そうですが、ほとんど痛みもなく簡単に測ることができ、また過去の数値を記録することができるものもあり便利です。

左の写真は、「テルモ メディセーフミニ血糖測定セット」。インスリン注射で使用されている世界で最も細い針の製造技術をもつテルモが開発した専用針を使っていますから、痛みが非常に小さくなっています。

※当サイトの記事は一般的な糖尿病の知識をまとめたものです。ご自分の症状に関してはまずは医師や専門家に相談し、正確な状態、症状をお確かめ下さい。その上で効果的な糖尿病予防を行うことをお奨めします。

トップページ

恐ろしい糖尿病

適性な血糖値とは

適性な体重を知り維持しよう

無理のない運動を行おう

食事の量を減らそう

食事の質を変えよう

飲み物で血糖値を下げよう

ちょっと不思議なギムネマ茶

中性脂肪と血糖値

炭水化物好きな方のサプリとは

食事の最初に食物繊維を摂る

自分に合った血糖値測定機

【糖尿病】 薬なし注射なし。食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法とは?

【おことわり】
当サイト「血糖値を下げて糖尿病予防」は糖尿病予防についての一般的な知識をまとめたものです。
糖尿病は対処を誤ると非常に危険な病気ですので、血糖値が高く糖尿病が疑われる方、また糖尿病の治療を受けている方には 必ず医師にご相談の上、正しく対処されることをお願いいたします。